1906291
 
 
どうも、こんにちは(^^)たびろーです。
 
今日は、来月に予定している四国温泉旅行の
 
準備編になります。
 
個人的なメモ記事になりますが、
 
今後、四国へご旅行予定されている方、
 
ぜひ、ご参考になさってください。
 
 
・「四国温泉旅行2019」スケジュール
 
1日目
 
東京から新幹線で岡山へ 
 
岡山から特急で松山へ

松山から道後温泉へ
 
宿泊(道後プリンスホテル)
 
2日目
 
道後温泉から松山へ
 
松山から特急で琴平へ
 
宿泊(琴平花壇)
 
3日目
 
琴平から特急で岡山へ
 
岡山から新幹線で東京へ


・個人手配の流れ
 
 
まずは、駅前にある旅行パンフレットを収集。
 
また、ネット(トラベルコなど)でも並行して検索。

今回は、道後と琴平の2か所の温泉地で

それぞれ1泊する計画にしたので、

個人手配でカスタマイズ。


・赤い風船(日本旅行)の新幹線&宿泊プラン
 
(東京から松山までの交通費、
道後プリンスホテルの宿泊代、
帰りの琴平から東京までの交通費込み)

・松山から琴平までの特急券(乗車券+指定席券)
 
出発日の1か月前からでないと購入できない。
 
「えきねっと」で事前に予約して、
 
近くの「みどりの窓口」の券売機にて発行。


・近畿ツーリストにて琴平花壇予約
 
最安値を調べつつ、
 
夕飯内容、部屋の配置、禁煙喫煙など

細かな内容を確認して選択。


・個人手配のときの注意点
 
その1。。。帰りの特急列車から新幹線への

乗り換え時間を、余裕をもって

30分以上おきました。

新幹線の振替乗車が不可ということ
 
だったので、何か?遅れたとしても、

間に合うように計画。

また、岡山駅構内に、お土産コーナーや

セブンイレブンなど、施設が充実しているので、

定刻通りでも、時間を有効に使える。

その2。。。松山から琴平への

特急券を購入するときに、
 
松山から多度津までの指定席券を購入し、

松山から琴平までの乗車券を別々に購入しました。

これが、最安値だったので(^^)

この辺は、電車乗り換えなどで検索。

また、松山から琴平を往復する場合など、

特急の利用回数が多い場合は、

お得なチケットも販売しているので、

それもチェックすること。

その3。。。LCCプランも考えたが、

手荷物7kg以下でないと追加料金。

座席指定すると550円追加料金。

遅延の可能性もあったりなので、

確実な新幹線プランにしました。

もし、一人旅だったら、LCCプランも

アリだなと思います。



スポンサーリンク